自動売買ツールを初心者が自作してみる!その6

   

お金が稼げる自動売買ツールを自作してみる!その6

前回断念したリアルタイムの価格をエクセルにデータとして受け渡す。慣れてないので設定が難しく感じます。

なんとか達成できるように頑張ってみます!

 

田中はこのWebサイトを参考にして自動売買ツールを作ろうと思っています。

参考にするサイトはこちら⇒株・為替・FX・N225自動売買、自動取引システムの作り方・自作方法

 

 

 

自動売買ツールに必要な項目

dde_example.mq5」と「dde-server-mfc-application.zip」をダウンロードする

このサイトからファイルを2つ入手⇒https://www.mql5.com/en/code/1246

 

 

 

dde_example.mq5」と「dde-server-mfc-application.zip」をダウンロードしました。

 

 

次は…「dde_example.mq5」をMetaTrader5のデータフォルダーに貼り付ける

dde_example.mq5は、MT5のファイルメニューから「データフォルダを開く」で開いたフォルダの「MQL5」-「Experts」サブフォルダにコピーします。

参照元 http://system-trading.jp/toyoshima/index.php?ID=246

 

 

なるほど、

MetaTrader5を開いて、「ファイルメニュー」「データフォルダを開く」

 

「MQL5」「Experts」「dde_example.mq5貼り付け」

 

「Experts」

 

「dde_example.mq5貼り付け」

 

え~と次は…、「dde-server-mfc-application.zip」の解凍と実行

dde-server-mfc-application.zipは、解凍すると、DDE-Server-MFC applicationというフォルダの下に、「DDE Server.exe」と「ddesrv.dll」というファイルができます。

このDDE Server.exeを実行すると、次のような画面が現れます。

参照元 http://system-trading.jp/toyoshima/index.php?ID=246

 

 

dde-server-mfc-application.zipを解凍する…、

 

DDE Server.exe」を実行する…、

 

DDE Server.exe」を実行すると、空っぽのプログラムが開かれました。ここから…、

 

 

前回つまづいた問題に挑戦する!

前回はここ!!この部分でつまづいたんですよね~。

分からなかったのが「コンパイルの方法」「適当なチャートに挿入します」です…、でも今回は大丈夫なはず…!!

次に「DDE_Example.mq5」をメタエディターでコンパイルした後、適当なチャートに挿入します。

このEAは外部のDLL(Windows標準のもの)を利用するので、「DLLの使用を許可する」をチェックしておきます。

すると、先ほどのDDEサーバーの画面に図のような項目が表示されます。

画像(450x239)・拡大画像(519x276)

これで、MT5とDDEサーバーが接続されたことになります。

参照元 http://system-trading.jp/toyoshima/index.php?ID=246

 

 

DDE_Example.mq5」をメタエディターでコンパイル

 

「ファイル」「データフォルダを開く」

 

 

「MQL5」「Experts」「dde_example.mq5」の順にクリックして「メタエディタ」を開く

 

 

DDE_Example.mq5」をメタエディターでコンパイル

前回はコンパイル??何を??どこで????

 

みたいな感じになりましたが、田中も成長しました。メタエディタにコンパイルボタンがあるんですよ!!

 

これをポチっと押せば大丈夫なはず…、ポチっと

 

 

…なんにも変化がない??

 

これが変化のない原因か…?

このEAは外部のDLL(Windows標準のもの)を利用するので、「DLLの使用を許可する」をチェックしておきます。

参照元 http://system-trading.jp/toyoshima/index.php?ID=246

 

 

「MetaTrader5」「ツール」「オプション」「エキスパートアドバイザ」「DLLの使用を許可する」、これでいけるはず!!

きっと…、

 

…変化なし……何でかな??

次に「DDE_Example.mq5」をメタエディターでコンパイルした後、適当なチャートに挿入します。

参照元 http://system-trading.jp/toyoshima/index.php?ID=246

これか!!!!

??

エキスパートアドバイザ(EA)の所にDDE_Example.mq5が増えてる!

 

 

これをチャートに入れたらいいのかな?

…前回はチャートに入れるって意味が分からなかったんだよなぁ。

 

変化あり!!!!

 

これで受信が出来るようになったって事かな??

これで、MT5とDDEサーバーが接続されたことになります。

ここで、Excelのセルに「=MT4DDE|TIME!Value」などと書くと、それに対応する値がそのセルに表示され、随時更新されるようになります。

参照元 http://system-trading.jp/toyoshima/index.php?ID=246

なるほど、大丈夫みたいですね♪

ここからエクセルを使って自動売買を行えるようにすればいいわけですね…。

 

まだまだ先は長そうだなぁ

 

 

 - 自動売買ツール(雑記、自作)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。