自動売買ツール運用テストその①

   

自動売買ツール運用テストその①

※自己責任でお願いします。損失や損害については責任を負いかねます。

 

先日作った自動売買ツールを稼働させてみて1週間経ったので結果を記録として残しておきます(*’▽’)

 

自動売買ツールを作りたい方はこちらを参考にして下さい( ˘ω˘ )
お金が稼げる自動売買ツールを自作してみる!その1

 

田中はこのWebサイトを参考にして自動売買ツールを作ろうと思います。

参考にするサイトはこちら⇒株・為替・FX・N225自動売買、自動取引システムの作り方・自作方法

 

 

 

自動売買ツール運用成績(デモトレード)

 

テスト失敗!

 

デモ口座も 41,201円⇒37,184円 に減りました(; ・`д・´) 

 

家のノートPCで自動売買ツールを稼働させたのですが通信がちょくちょく途切れてしまうようで正しく動いていませんでした(-_-;)

 

ポジションも常に一つになるはずが気が付いたら20個くらいになっていましたしね( ˘ω˘ )

 

通信が安定しない事に対する改善案

 

インターネットの接続は自宅のWi-Fiを使用しました。そうするとWi-Fiが「制限付きアクセス」となってしまいインターネットの接続が切れてしまいます。

 

Googleで「ネットワーク 途中で 制限」といったキーワードで検索して下のようなWebサイトを見たり調べたりして一通り試してみましたが多少良くなったものの解決には至りませんでした(^_^)

 

外部サイト⇒Wi-Fiの接続が安定しないときにする対処方法

 

調べた範囲で解決しなかったのでインターネットの接続を有線に切り替えてテストすることにします(*’▽’)

 

ポジションが複数に増えてしまった事に対しての改善案

 

プログラムは持っているポジションを決済してから新しいポジションを保持するようにしていましたが気が付くと22個もポジションを持っていました(笑)

 

ポジションは1個のはずですが22個(^_^;)

 

原因は多分インターネットの接続が不安定な事と売買サインが出てからキーボードマクロが正しく動いていないからかな…と思います( ˘ω˘ )

 

インターネットの接続が不安定なのは有線接続で改善するとして、キーボードマクロが正しく動いていないのは恐らくプログラム処理がパソコンの動作処理を上回っているせいじゃないかと考えています(*’▽’)

 

なので、これを改善するためにプログラム途中で待機指示の時間を長くすれば改善するのではないかな?と思っています(*’▽’)

 

UWSCで作ったファイルの「SLEEP(1)」時間を長くします。私の参考にしたサイトでは推奨が5秒でしたのでSLEEP(5)で試してみます(^^)!

 

 

まとめ

 

初っ端から躓きました( ˘ω˘ )

 

とりあえずネットワークの安定が急務ですねぇ…、それからノートPCの性能にあったプログラム処理速度に調整するのも大事です(*’▽’)

 

この週末に改善してテストのやり直しです!きちんと動かないと改善点も見えてこないですからね(^^)!

 

 - 自動売買ツール(雑記、自作)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。