自動売買ツールを初心者が自作してみる!その8

   

自動売買ツールを初心者が自作してみる!その8

次のテキストは…、

2.為替データの読み込み、書込み、4本値。
◾取り込んだデータのエクセルへの書込み

参照元 http://atmtech.ibi-square.jp/?p=50

前回と内容が同じ??まぁ進めてみましょう

 

 

田中はこのWebサイトを参考にして自動売買ツールを作ろうと思っています。

参考にするサイトはこちら⇒株・為替・FX・N225自動売買、自動取引システムの作り方・自作方法

 

 

Excelの体裁を整える!

田中の先生であるWebサイトからExcelの体裁を整えておくように言われたので早速言われた通りに実行します!!

 

…整えた結果こうなりました!

 

 

まずは、VBAを起動します。エクセルの「ツール」より「マクロ」にカーソルを合わせ、「Visual Basic Editor」を選択します。

参照元 http://atmtech.ibi-square.jp/?p=55

なるほど…!先生ー!!田中のExcel2013にツールが見当たりません!!

 

あっ参考サイト見つけた!

http://brain.cc.kogakuin.ac.jp/~kanamaru/lecture/vba2013/index.html

 

 

VBAが開けた!

 

 

VBAを表示させたら、まずは標準モジュールを追加する…、

標準モジュールが無い…、あっ挿入の所にあった!

 

 

次は…、

コードですが、ここで書きこむコードは5分足の作成の部分です。大きく分けると2つの動作を制御させます。

一つ目は、最初の更新で始値、高値、安値、終値を書き込み、次の更新では現在の値と記入されている高値を比較し、現在の値が高ければ高値を更新、同様に書き込まれている安値と現在の値を比較し、現在の値が低ければ更新、最後に現在の値を現在の終値として書き込むという作業です。

二つ目が5分足の4本値を書き込むため、現在の時間を判断して、分の数字が00分、05分、10分、…50分、55分だった場合に次の行に移るような制御です。

参照元 http://atmtech.ibi-square.jp/?p=55

なるほど、コードの書き込みね…、

 

 

右側の真っ白な部分の一番上に、「Sub Kakikomi()」と入力してエンターキーをクリックします。すると「End Sub」が自動で挿入されます。

「Sub Kakikomi()」と「End Sub」の間に行う処理を記述していきます。

参照元 http://atmtech.ibi-square.jp/?p=55

MetaTrader5できちんと動くのかな…、

 

 

 

うわー、何だか複雑そう(*´ω`*)

最初に、現在のレート、現在の行数を読み込みます。

現在のレートはセルB2に表示されている売値を使用しますので、変数“r_now”に現在のレートを代入します。ただし、そのままDDEで配信された値を読み込んでも、文字列として読み込んでしまいますので、数値に変換して読み込みます。数値に変換するには、Valを使用します。
r_now = Val(Cells(2, 2))

現在の行数は9ページの状態ですとセルE2に表示されていますので、そちらの値を変数“num_1”という変数に代入します。

Num_1 = Cells(2, 5)

※ VBAでのセルの参照の場合、列はエクセルに表示のA,B,C,…ではなく、それぞれ番号での指定となります。セルの指定は「Cells」の後に行番号、列番号の順で番号を記入します。たとえば、セルB3は3行目のB列=2列目ですので、Cells(3, 2)となります。

参照元 http://atmtech.ibi-square.jp/?p=55

 

 

こんな感じになりました!

 

 

まとめ

頭がパンクしそうなのでこの辺でいったん終了します。

続きはまた明日…、明日は月曜日だからチャートも動き出すしテンション上がりそう(^^♪

 - 自動売買ツール(雑記、自作)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。