BlockPoolに関するニュース②【BITへのプラグイン】

   

BlockPoolに関するニュース②【BITへのプラグイン】

はじめに

BlockPoolに関係する記事です。色んな記事があるので一通りみておきましょう。

 

ブロックチェインがうまくいく為にはいくつかのタスクを完了する必要があります。
Blockchain Integration Technology(BIT)の一部としてプラグインを開発した人向けです。GoogleのAPIに加えて、BITの最初のバージョンが完成します。

 

ファイル保管

ブロックチェーンに直接ファイルを置くことは、デッドエンドの解決策です。ブロックチェーン実装では、膨らみが発生する可能性があります。また、非効率的なのはウェブサイトからのダウンロードです。HTTPプロトコル(Webアドレスの前にあるビット)を使用すると、ファイルをある場所から別の場所に移動しています。

 

今では、ファイルが広範囲のコンピュータ(ブロックチェーンのようなもの)に分散され、複数の場所から同じダウンロードを同時に取得するシステムを想像してください。Interplanetary File Systemを使用することにより、帯域幅コストを60%節約し、ファイルのバージョン管理を実装し、データを失うのを防ぐことができます。このシステムで提供できる効率のレベルは印象的です。

  • 複数のサーバーにファイルを分散し、アクセスを完全に制御
  • ファイルを暗号化する
  • ブロックプールプラットフォームを使用してファイルを安全に保存する
  • 重複や膨らみのない冗長性を提供するRAID 5スタイルのファッションに格納されたファイル

 

アプリケーション

との通信我々のAPIがシステム間通信を提供する方法について話しました。標準に準拠するものについては、プラグインは実装をスピードアップします。レガシーシステムに公開されているプロトコルを利用することで、Blockchainプラグイン(下記参照)と現在のシステムとの間の接続を提供できるようになります。
コミュニケーションプラグインはブロックチェインを介して簡単なオムニまたは双方向接続を提供します。Blockchainで何が起こるか、またデータを出し入れする方法を理解する必要はありません。ITチームは、2つのシステム間で転送したいデータにのみ関心を持つ必要があります。効率と自動化の可能性により、チームと支出の取り組みを収益性の高い活動に変えることができます。迅速な取引と検証により、コストが削減されます。

 

ブロックチェーンへの

プラグイン最初のプラグインの3分の1はBlockchainプラグインです。このシステムの不可欠な部分は、BIT APIと他のプラグインと接続します。これは、すべてを一緒に引き寄せる接着剤の第2の部分です。一般に公開されているプロトコルにより、組織は独自のソリューションを開発したり、Blockpoolが最初に提供したソリューションを利用することができます。私たちは標準化されたBAPPプロトコルを使用して、このプラグインとインターフェイスするために後で他のモジュールを書き込むことができるようにします。今年の後半にBITの完全ホワイトペーパーを用意します。それに気をつけてください。

 

まとめ

…難しい。これ、日本人に日本語で説明されても理解できない自信がありますね。

私なりにざっくりと解釈すると、

 

今使われている方法よりももっと効率のいい方法がある。ブロックチェーンとブロックチェーンはプラグインを使えば簡単に双方向通信によりデータのやり取りが可能になる。BlockPoolはそのプラグインを提供している。

ファイルの保存とセキュリティもうまくブロックチェーンを利用して管理が可能。そう、APIを使えばねってところでしょうか。

私の解釈に間違いがあってもBlockPoolの開発陣が優秀なのだけは間違いないと思います。

 

 - AudioCoin (ADC)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。