COMSAプロジェクトから先を読む!

   

COMSAプロジェクトから先を読む!

 COMSAスタート後の変化は絶大なチャンスになる!チャンス前に今なら仕込める!スタート後の資産上昇は誰にも想像がつかないレベルに!? 

COMSAプロジェクトがスタートするまで約1カ月あります。逆に考えると1カ月しかありません。

たった1カ月間ですがかなりの動きがあるはずです。動きがあるという事はそこに稼げるチャンスが存在するということ、COMSAは暗号通貨とブロックチェーン技術を最大限に利用したサービスなのでそこに注目すれば稼げるチャンスが見えてくると思います。

暗号通貨はビットコイン、イーサリアムを始め時価総額が驚くほどのスピードで膨張していて1ヶ月あれば倍増どころか青天井で増えていってもおかしくありません。

 

何もせずに時が過ぎればどれほどの機会損失を生むかわかりません!

 

■COMSAに無料で事前登録ができます!

今すぐクリック ⇒ COMSAに無料登録する

※必要なのは「メールアドレスとパスワード」のみ

 

■関連 田中が考える年末までの注目イベントがこちら

  • ①リップル社が10月16日から18日にかけてトロントで行うカンファレンス「Swell」
  • ②COMSAのトークンセール、10月2日に自らトークンセールを実施
  • ③Zaifトークンの今後
  • ④NEM(ネム)
  • ⑤Ethereum(イーサリアム)

 

 

COMSAプロジェクトが成功した先を見越す

成功した場合に何が変化していくのか…、変化の先にチャンスありです!

COMSAのターゲット層 ①企業

■COMSAプロジェクトが成功すると企業はテックビューロ社のプラットフォーム上で経済活動を行うようになります。テックビューロ社は企業が受けられる恩恵として以下のものを挙げています。

● ブロックチェーン技術、特にトークンを用いたビジネスプランとサービスデザイン。

● 既存ビジネスにおけるアセットのサイバースペース上でのトークン化。

● ICOとトークン化におけるリーガルサポート。

● 他言語のホワイトペーパー作成。

● クラウドセールプラットフォームを用いたトークンの作成と販売。

● Zaif取引所でのマーケット提供。

● オンプレミスもしくはクラウドBaaS環境での、内部勘定システムのためのプライベートブ ロックチェーンmijinの提供。

● NEMパブリックブロックチェーン上で、法定通貨建てと主な暗号通貨建てでの商取引を可 能とする、ネットワークフィー委任サービスとペッグされたトークンの提供。

● NEMブロックチェーン上でのスマート・サイニング・コントラクトの開発。

● Ethereumブロックチェーン上でのスマート・コントラクトの開発。
COMSAのプラットフォーム全体が完成した暁には、既存と新規のICO案件に対して、上記に加え 以下のサービスをソリューションの一環として提供する:

● COMSA COREのインテグレーション。

● パブリックブロックチェーンとmijinのプライベートブロックチェーンとを接続しペッグす るためのCOMSA HUBのインテグレーション。

これらのサービスを受ける事で企業側は簡単にブロックチェーンでスマートに構成されたサービスを展開できることになります。

このサービスを展開するために仮想通貨が重要な役割を果たします。

メインで使われる仮想通貨はEthereum(イーサリアム)とNEM(ネム)が使われます。

 

今はCOMSAプロジェクトが開始されていない状態ですが、本格的に動き出した場合にEthereum(イーサリアム)とNEM(ネム)についてはCOMSAが成功すればするほど需要が高まるのが容易に想像がつきますよね?

 

COMSAのターゲット層 ②個人

今のうちにEthereum(イーサリアム)とNEM(ネム)を購入すれば大きな利益を得る事ができるかもしれませんし読みと違う動きをするかもしれません。

分析して出した予想とは違う結果が出るかもしれません。

仮にEthereum(イーサリアム)かNEM(ネム)のどちらか、若しくは両方購入したとします。

 

その後の価格変動はどうなるでしょう?

 

恐らく…2通りのパターンが考えられます、

 

①予想が外れて価格の上昇が起きない

②予想が的中して価格が上昇した。

 

COMSAプロジェクトが動き始めた結果Ethereum(イーサリアム)やNEM(ネム)の価格は上がる可能性が高い。

 

あれ? リスクは??

 

COMSAがスタートする前にEthereum(イーサリアム)やNEM(ネム)の値上がり期待して購入した場合のリスクは価格が落ちるでは無いんです!…多分。

この場合のリスクはおそらく予想と違って価格が上がらない。つまり現状維持。つまり予想が外れても損しない。

 

リスクが現状維持ならそれはリスクというには低すぎる!

逆にリターンはどこまで上昇するかわからない!

 

更にトークンセールは10月2日に決まっています。なので待つにしても期限が決まっているのでメリハリも付いています。

ここを見逃すと大きな機会損失だと思いませんかー?

 

そんな予想が個人の間に湧いてくるんじゃないでしょうか?そしてますますCOMSAは注目され主役になっていく…。そんなシナリオなのかな~なんて考えたりしてます。

COMSA成功後の世界

そしてCOMSAプロジェクトが大成功した場合はEthereum(イーサリアム)、XEM(ネム)の価格はどこまで上がるか分かりません…。

 

夢のある時期にいま立っています。何も考えずにチャンス過ぎるのを見逃してしまうのは本当に勿体ないと思いますよ!!

 

まとめ

あくまで個人的にですが、今の時期は暗号通貨の法整備も整いだして世の中に認知され広まっていく始まりの時にあると思っています。だからこそ小資金で大きなリターン、

ローリスクハイリターンが狙える時期だと思います。

こんな時に資金が足りないなんて!小遣い性なのが悔やまれる!!

 

■COMSAに無料で事前登録ができます!

今すぐクリック ⇒ COMSAに無料登録する

※必要なのは「メールアドレスとパスワード」のみ

 

 - クリプト経済

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。