【Plan=計画】お金を稼ぐWebサイト構築術で導入しているたった2つの収入源

   

アフィリエイト

収入源はたったの2つ!!

こんにちは!お金を稼ぐWebサイト構築術の田中です。

皆さん作ったブログやサイトから収入は得られてますか?それともこれからブログやサイト作成してお金を稼ぐ予定ですか?

どちらにしても今この記事を読んでいるという事は、今の収入に満足していないかこれから始めようと思っている人だと思います。そんな私も今から収入を得ようと動くわけです。ウハハハハ!

何をするかといえばアレですよ!皆さんの予想を全く裏切らないと思うアレです!

 

 

Google AdSense(グーグル アドセンス)

一つ目の収入源は~?

そうダヨ!アドセンスだよ!!超有名なGoogle AdSenseをついにブログ開設1週間目にして導入ダヨ!!そして見出しで答えが漏れ出てるYo!

さあ変なテンションは置いて説明していきましょう。何故アドセンスを導入しようと考えたのか。それは…、

少しでも収入を増やしたかったからです!!ということで今お読みの記事にもアドセンス広告が貼り付けられていると思います。これで私もブログ長者間違いなし!

 

Google AdSense(グーグル アドセンス)とは

説明するまでもないと思いますがGoogle AdSense(グーグル アドセンス)とはサイトから広告による収益を得られるようになる、自分(自社)のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができるクリック報酬型の広告配信サービスで、名前が示す通りGoogleが提供しているサービスです。

「自分のサイトから収益を得られる」と聞けば嬉しいですよね。その夢のような収入装置の一つがこのアドセンスなのです!どどーん

上手にやればブログから得られる収入で生計を立てることも夢ではありません。実際に数十万~の収入をGoogle AdSenseから得ている人も数多くいます。私は現在わずか数○円です。(´;ω;`)ぶわっ!

 

Google AdSenseの良い所その1、サイトの内容に合った広告を自動的に配信

自分のブログやサイトに広告を掲載する方法は簡単です。Google AdSenseから提供される「広告コード」を自分のサイトのHTMLソースコードに挿入するだけで、サイトの内容に適した広告が自動的に配信されます。しかも見ているコンテンツに連動した広告やアクセスしている人のいままでの行動から自動的に最適と思われる広告を選んで配信してくれます。

結果としてクリック率が上がりやすい仕組みになっています。

 

Google AdSenseの良い所その2、今まで通りのサイト運営に集中できる

Google AdSenseを利用すれば、いつも通りにサイトを運営しているだけで、広告が収益を生み出していきます。どのような広告を表示するかを細かく管理したり、広告主とのやりとりを気にしたりする必要はありません。収益を得る一方で、これまで通りのサイト運営に集中できるのが、Google AdSenseの一番の魅力かもしれません。

 

さて、次行ってみよ~!

2つ目の収入源は~?

アフィリエイトー!!ふつう過ぎて恥ずかしい(*ノωノ)だけど仕方ないじゃない王道なんだもの。

 

アフィリエイトとは

アフィリエイトとはASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)のことで、インターネット広告の成果報酬型広告の1つです。消費者(閲覧者)がアフィリエイターのブログや運営しているサイト(比較サイト、ランキングサイト、クチコミサイトなど)でバナーをクリックし、商品の購入や会員登録を行うと、広告主が決めた報酬率や額にしたがって、アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)経由でアフィリエイターに広告費用が支払われる仕組みです。

あなたのサイトで紹介した商品(商品をクリックすると販売店のページに飛ぶ)が販売店で売れると商品の広告料として報酬が発生する成果報酬型の仕組みです。売れたら報酬発生する所がクリック報酬型のGoogle AdSense(グーグル アドセンス)と違います。でも成果報酬型は単価が高い物もあり一つ成約すると報酬○万円なんてものもあります。夢が広がりますね。
私も現在ASPに登録しているのでじきにお見せすることが出来るでしょう!

アフィリエイターの種類

ひとくちに「アフィリエイト」と言っても、アフィリエイターの生態もさまざまな種類があります。それぞれ長所と短所がありますが堅実が一番だと思うので私は流されずにゆったりガッツリ報酬を狙いたいと思います。

①SEO系アフィリエイター
運営しているアフィリエイトサイト(媒体)のサーチエンジン最適化(SEO)を行い、GoogleやYahoo!の検索結果で上位に出ているアフィリエイトサイト。
↑↑↑
私はこれをやります!やらせて下さい!!そして報酬を下さい!!!

②リスティング系アフィリエイター
リスティング広告に入札して、広告を掲載しているアフィリエイトサイト。※現在絶滅危惧種らしい

③実践型アフィリエイター
商品を実際に使用して、使用した感想を自分のブログで紹介するアフィリエイトサイト。

④ポイントサイト系アフィリエイター
アクションに応じたポイントをユーザーに付与する事で、消費者の購買意欲を促進させるアフィリエイトサイト。そのため他のアフィリエイターに比べ、広告主のサイトのインプレッション数やクリック数を圧倒的に増やします。ただし、ポイント付与率が高いといたずらが増えるので、運用には注意が必要です(ポイント付与率が100%の場合は決済方法をクレジットカードのみにするなどの対策があります)。

 

アフィリエイトにはASPが必要

アフィリエイトを開始したい場合には、アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)と契約する必要があります。アフィリエイトサービスプロバイダーと契約すると、アフィリエイトサービスプロバイダーに登録しているアフィリエイターが、広告主に対してバナーの掲載申請をします。広告主が掲載を承認すると、アフィリエイターは自分のアフィリエイトサイトにバナーを掲載します。このアフィリエイトサービスプロバイダー、数多くありますが有名どころを紹介します。

  • A8.net…登録済
  • バリューコマース…未登録
  • アクセストレード…登録済
  • JANet…登録済
  • アフィリエイトB、レントラックス…未登録
  • AFRo…未登録

軽く紹介しておこうと思っただけなんですが、未登録が多すぎますね。これは急いで登録しないと。

 

まとめ

 

 Google AdSense(グーグル アドセンス)

  1. 登録してブログにコードを貼った
  2. 今後クリックされれば報酬が発生する予定。
  3. 結果報告はGoogle AdSense(グーグル アドセンス)の規約で制限があるけれど可能な範囲で行っていきます。

 

アフィリエイト

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)には数サイト登録した。もっと多くのASPに登録する予定。

PDCAの【Check=評価】項目でどうなったのか報告していきます!分かりにくい記事ですみませんが長い目で見て応援していただ出ると涙が出るほど嬉しいです。

 

 - お金を稼ぐWebサイト構築術【Plan=計画】 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。