お金を稼ぐWeb構築術で行う記録公開方式についてPDCAサイクルを利用してみる

      2017/03/10

PDCAサイクルとは

PDCAサイクル

こんにちはお金を稼ぐWebサイト構築術の田中です。

皆さんはPDCAサイクルという言葉を聞いたことがあるでしょうか?また実践できているでしょうか?

PDCAとは、Plan・Do・Check・Actionのそれぞれの頭文字をとった4つの文字で、上の図のようにな順番でサイクルを回していきます。

「Plan=計画」

目標を設定し、目標達成のために何をするべきか仮説を立て、計画を立てることです。

何をするのか・誰に対してするのか・なぜするのか・どのくらいの量を行うのか・いつまでに行うのか…など基本の5W1Hを更に詳しく分解して考えていきます。

 

「Do=実行」

計画をもとに実行することです。

計画したことを意識し、結果が分かるように、時間を測る・数を数えるなど数字を付けることが大切です。

 

「Check=評価」

計画に沿った実行が出来ていたのかを検証することです。

実行した結果が、良かったのか悪かったのかを判断します。その時に、実行で述べた数字を付けておくと具体的根拠ができるので検証の正確性が増します。このCheckがPDCAの一つ目のポイントとなります。

 

「Action=改善」

検証結果で見えた、課題の解決策を考え改善することです。

実行した結果、この計画を続けるか・止めるか・改善して実行するかなどを、この段階で考えます。この時に、次のサイクルの「Plan」を意識して考えることが重要なポイントで最重要項目です。

以上がPDCAサイクルの簡単な説明です。

 

まとめ

田中は今まで実行できていたのか?

私は今までPDCAサイクルという言葉を聞いた事がありますし、内容も知っていますが残念ながらきちんと実行できたことはありません。原因はPDCAを行わなくても何とかなってきたし失敗しても責任を負うことが無かったからです。

ですがWebサイト構築術ではこのPDCAサイクルを念頭にブログ更新を行っていきます。成功させたいからです。ブログの構成もPDCAに合わせた構造にしていきますので小さな変更や移動を重ねて見やすく内容のあるホームページにしていきます。

皆さんもWeb構築の際はPDCAサイクルを意識すると読みやすく見やすいブログやサイトになるのでオススメです!

 

※早速更新に問題が発生したので改善します

PDCAサイクルで更新すると言っていましたが最初から【Plan=計画】Do=実行】が一緒になってしまいました。公開するサイトスタイルを考えると【Plan=計画】では【Do=実行】まで実行して、【Do=実行】のページで導入方法を紹介していくスタイルが合っているように感じました。

 

なので今後は【Plan=計画】では【Do=実行】まで実行します。

【Do=実行】のページでは導入方法を紹介します。

 

 

 - お金を稼ぐWebサイト構築術の歩き方

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。