スマート・コントラクトとは?

   

スマートコントラクトとは?

こんにちはー、田中卸商会 平社員代表の田中です!

仮想通貨やブロックチェーン技術により既存のシステムが私たちの知らない間にも超スピードで改新され進んでいます。

スマートコントラクトはざくざく発明されている新システムの中の一つで「契約の自動化」に関する技術の事です。

 

何もしなければ気が付いた時には浦島太郎になっていると思います。いま多くのチャンスが転がっています。開発者と情報の早い富裕層は既に利益を確保していますが、今なら我々もチャンスに食らいつくことができます!

この記事は2017年8月28日に書いています。

 

■関連 田中が考える年末までの注目イベントがこちら

  • ①リップル社が10月16日から18日にかけてトロントで行うカンファレンス「Swell」
  • ②COMSAのトークンセール、10月2日に自らトークンセールを実施
  • ③Zaifトークンの今後
  • ④NEM(ネム)
  • ⑤Ethereum(イーサリアム)

 

■COMSAに無料で事前登録ができます!

今すぐクリック ⇒ COMSAに無料登録する

※必要なのは「メールアドレスとパスワード」のみ

 

スマートコントラクト 契約の自動化とは

スマートコントラクトは、1990年代に初めて提唱されています。

 

契約の自動化が実装された例

あなたにも馴染みの深い自動販売機、あれがスマートコントラクトの初実装らしいですね。どこが契約の自動化に当たるかというと…、

自動販売機に「必要な金額を投入する」「飲料を選択しボタンを押す」すると自動販売機が「選択した飲料を提供する」。

一連の流れ、条件を満たすと自動で契約が履行される。

 

別の視点で考えてみましょう。

自動販売機「提供のための条件提示」=「必要な金額を投入する」「飲料を選択しボタンを押す」

購入者「提供条件の履行」=「必要な金額を投入する」「飲料を選択しボタンを押す」

自動販売機「契約の履行」=「選択した飲料を提供する」

 

未来的な実装パターン

スマートコントラクトの例で挙げられるのがレンタカーです。純粋なレンタカーやカーシェアリングにも応用される可能性はあります。

例えば、目的地を選択するとAIによって交通状況が分析されて目的地までの時間や料金が決定される。料金を支払うと自動運転により目的地まで移動できる。

こんな感じで利用されるかもしれませんし、不動産情報がブロックチェーンで価格や販売条件が公開され条件を満たすと不動産の売買契約が自動で完了する。ブロックチェーンを利用しているので情報はオープンだし、国も税金を徴収しやすくなる。

なんて事にも利用されるかもしれません。

自動化のメリットは契約情報がオープンであること、これにより相手方の不正を防止できる。自動化により大幅なコストダウンが期待される。以上の2点が主に挙げられます。

 

まとめ

スマートコントラクトとは自動契約のこと、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトの組み合わせで様々なものを自動化する事が可能になりそうだという事。

これでまたひとつ時代に食らい付くことができました!

 

 

最新の技術に触れておくために!

■COMSAに無料で事前登録ができます!

今すぐクリック ⇒ COMSAに無料登録する

※必要なのは「メールアドレスとパスワード」のみ

 

仮想通貨にも触れておきましょう!

 

ビットコイン等の仮想通貨おすすめ取引所

【 ビットフライヤー 】

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連 ⇒ ビットコインを買うためにビットフライヤー(bitFlyer)に登録してみたよ!

関連 ⇒ ビットフライヤー(bitFlyer)の使い方その①

関連 ⇒ ビットフライヤー(bitFlyer)の使い方その②

関連 ⇒ ビットフライヤーライトニング(bitFlyer Lightning)でFXを経験する!

関連 ⇒ 初心者に読んでほしいビットコインの楽しみ方♪

 

【 コインチェック 】

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連 ⇒ コインチェックの登録方法

【 ザイフ 】

 - ブロックチェーン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。